市立図書館リユース会

年に一度の市立図書館リユース会の日である。夕方予定されている通信員宅の報恩講(ほうおんこう:ほんこさん)の準備で、できるものをやって、車で20分ほどのリユース会場へ向かった。

図書館の古くなった除籍書籍を無料で分けてくれるのだ。一人10冊まで。家族五人なら50冊いただける。実際、家族連れの人も多い。

昨年は10冊いっぱいまで貰ってきた。30分前には並んでいた。

今年は、開場時間ちょうどくらいに着いた。もう開場していた。すでに、本を抱えた人がたくさんいた。

今年は除籍書籍が少なかったのか、食指が伸びるような書籍がない。Newton が何冊か残っていたので、ぱらぱらめくってみた。なぜか欲しいと思わなかった。

通信員の部屋では書籍があふれ出した。大して参照していない書籍もある。積読(つんどく)の最たるものだ。これ以上は置き場所にも困る。

また、Kindle を購入したため、手軽に無料本をダウンロードできる。全く読んでないものも何冊かある。最初の数ページ・数十ページを読んでほったらかしてあるものもある。自然科学物では、英語版の千ページ近い書籍が無料で手に入ることがある。きれいな写真付きの本格的なものだ。Newton の特集号も物ならずという勢いだ。まあ、これもペラペラと数ページずつ読んでいるくらいだが……。

結局、除籍本は貰ってこなかった。今回の会場は、さらに山深いところだったので、写真を撮った。手ぶらで帰るのはもったいない。
藤原岳
眼前に迫る藤原岳。

夕刻からは報恩講。酉の刻(午後7時ごろ)にはお開きとなる。何も大したことはしなかったが、後片付けを終え、やり残した仕事をして、風呂から出たら亥の刻(午後11時前)となっていた。

旧如月二日 曇り


『土佐日記』当日分。
二日。雨風止まず、日ひとひ夜もすがら、神佛をいのる。

一日中一晩中、風雨が止まない。神仏に祈る。

もう和泉なのだから、あせらず騒がず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント