梅花咲く

梅の花が咲いた。
梅の花
実ができるか楽しみ。

会計業務。今年は、父のも手伝おうと思っているのでやること多し。

旧如月四日 曇りのち雨


『土佐日記』当日分。
四日。楫取、「けふ風雲のけしき甚だあし」といひて、舟出さずなりぬ。然れども終日に浪風たたず。この楫取は、日もえ計らぬ乞食なりけり。この泊の濱には、くさぐさのうるはしき貝石など多かり。かゝれば、ただ昔の人を戀ひつゝ、舟なる人の詠める、

 寄する浪うちも寄せなむわが戀ふる人わすれ貝おりて拾はむ

といへれば、ある人、堪へずして、舟の心やりによめる、

 わすれ貝ひろひしもせじ白玉をこふるをだにもかたみと思はむ

となむいへる。女兒のためには、親をさなくなりぬべし。玉ならずもありけむを、人いはむや。されども、死兒顏よかりきといふやうもあり。猶同じ所に日を經ることを歎きて、ある女のよめる歌、

 手をひでて寒さもしらぬ泉にぞ汲むとはなしに日ごろ經にける

船頭が、「今日は風向きや雲の様子がとても悪い」と言って、船を出さなかった。しかし、一日中波風は起きなかった。この船頭は、天気も読めないおろか者である。この港の浜には、さまざまな美しい貝殻や石などが多くある。それを見て思い出したのか、逝ってしまった子を想って、船にいる人が詠んだ。

 波よ、岸に打ち寄せてくれ。大好きだったあの子のことを忘れられるように、降りて行って忘れ貝を拾おう

ある人が、たまりかねて、船上の憂さ晴らしに詠む。

 忘れ貝は拾わないでおこう。白玉のようなあの子のことを恋い慕うことを、形見と思おう

女児を持つ親は、馬鹿になってしまうのだろう。玉のように美しくもないのに、と人は言うであろうか。しかし、死んだ女児は顔が美しかったという声もある。さらに、同じ港で一日を送るのを嘆いて、ある女が詠んだ。

 手を浸しても冷たくない泉で、水をくみ取ることもしないで日をいたずらに過ごした

親バカというものなのだろうが、亡くなったので、なおさらいとおしく思えるのだろう。

「行けたやないか」ということで、船頭は散々な言われようだ。

最後の歌は、よくわからん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント