保険金でトントン

昨年度の医療費は、降りた医療保険の金額でほぼ相殺できた。交通費や関連費を含めたら足りないが、かなり助かった。

旧如月五日 また寒くなってきた


『土佐日記』当日分。
五日。けふ辛くして和泉灘より、小津のとまりをおふ。松原目もはるばるなり。これかれ苦しければ、詠める歌、

 行けどなほ行きやられぬは妹がうむをつの浦なる岸の松原

今日、やっとのことで和泉の灘からの小津の港を目指す。松原が見はるかに続いている。この人もあの人もみんな、退屈で苦しいので詠んだ歌。

 行っても行ってもなかなか通過できないのは、愛する人が紡ぐ麻(お)のような小(お)の津(港)の浦ににある岸の松原であることよ

どこまでも続く小津(をづ)の松原を、長く紡ぐ麻(を)と掛けている。分かりにくい。

かくいひつゞくる程に、「舟とく漕げ、日のよきに」と催せば、楫取、舟子どもにいはく、「御舟より仰せ給ぶなり。あさぎたの出で來ぬさきに、綱手はや引け」といふ。この詞の歌のやうなるは、楫取のおのづからの詞なり。楫取は、うつたへに、われ歌のやうなることいふとにもあらず。聞く人の、「あやしく歌めきてもいひつるかな」とて、書きいだせれば、實に三十文字あまりなりけり。

このように言いながらやってくる間に、「速く船を漕げ、天気の良いうちに」と催促すれば、船頭は船員に言った。「船主さまからご命令があったぞ。朝の北風の吹かないうちに、早く綱を引け」。この言葉が和歌のようになっているのは、船頭が自然に口に出したものだ。自分が意識して和歌のように言ったのではない。聞いた人が、「不思議だ。和歌のように聞こえるぞ」と言って書き出してみると、実に三十一文字であった。

この船頭は天才なのだ。モーツァルトのように、和歌がわき出てくるのだ。

今日浪なたちそと、人々終日に祈るしるしありて、風浪たたず。今し鴎むれゐてあそぶところあり。京のちかづく喜びのあまりに、ある童のよめる、

 いのり來る風間と思ふをあやなくも鴎さへだになみと見ゆらむ

といひて行く間に、石津といふ所の松原、おもしろくて濱邊遠し。また住吉のわたりを漕ぎ行く。ある人の詠める、

 今見てぞ身をも知りぬる住の江の松よりさきに我は經にけり

こゝに昔へ人の母、一日かたときも忘れねばよめる、

 すみの江に舟さしよせよ忘れ草しるしありやと摘みて行くべく

となむ。うつたへに忘れなむとにはあらで、戀しき心地しばしやすめて、またも戀ふる力にせむと成るべし。

「今日は波よ立ってくれるな」と人々が一日中祈ったかいがあって、波風は立たない。ちょうど今、カモメが群れて遊んでいるところがある。都に近づく喜びが我慢できずにある子が詠んだ。

 祈ったかいがあって風が吹かないようになったと思ったのに、カモメの白さを見ると、皮肉にも波に見えてしまう

と言いながら進んでいくうちに、石津というところの松原は美しく、浜辺も長く続いている。また、住吉の辺りを漕いで行くと、ある人が詠んだ。

 今見て、自分自身のことがよく分かった。住吉の松は年老いているが、それよりももっと私自身が老いてしまったのだ

このとき、子を亡くした母親が、その子のことを一日も忘れないので、

 住吉の岸に船を寄せてくださいな。ここにある忘れ草を摘んでいくべきだから。きっと効き目をあらわして、あのこの事を忘れられるから

と詠う。一心に忘れてしまおうというのではなく、恋しいと思う心をしばらくの間抑えておいて、それを開放するとき、さらにすごい勢いで恋しい気持ちを増幅させようとするのである。

かくいひて、眺めつゝ來る間に、ゆくりなく風吹きて、漕げども漕げどもしりへ退きに退きて、ほとほとしくうちはめつべし。楫取のいはく、「この住吉明神は例の神ぞかし。ほしき物ぞおはすらむ」とは今めくものか。さて、「幣を奉り給へ」と云ふ。いふにしたがひて、幣たいまつる。かく奉れど、もはら風やまで、いや吹きに、いや立ちに、風浪のあやふければ、楫取又いはく、「幣には御心のいかねば、御舟も行かぬなめり。猶うれしとおもひたふべき物たいまつり給へ」といふ。又いふに随ひて、いかゞはせむとて、「眼もこそ二つあれ。たゞ一つある鏡を奉る」とて、海にうちはめつれば、口惜し。さればうちつけに、海は鏡のおもてごとなりぬれば、ある人のよめる歌、

 ちはやぶる神のこゝろの荒るゝ海に鏡を入れてかつ見つるかな

いたく、住江忘草、岸の姫松などいふ神にはあらずかし。目もうつらうつら、鏡に神の心をこそは見つれ。楫取の心は、神の御心なり。

このように言いながら、景色を眺めて漕いでくる間に、急に風が吹いて、漕いでも漕いでも、後ろに向かって進んでしまう。あやうく船を沈めてしまいそうだ。船頭が言うには「この住吉明神は、あの神様です。きっと欲しい物がおありになるのでしょう」。何とも当世風の神様である。そこで、「幣を奉られてはいかがか」と言う。その声に従って、幣を奉納する。このように奉ったが、もはや風はいっそう吹いて、波も立って、波風のため航行が困難になるので、船頭が言った。「幣では、神様のお心に添えないので、船も進めないのです。神様がお喜びになりそうな物を奉ってください」。また、その言葉に従って、どうしようかと考えて、「目は二つある。たった一つの物の方が貴重だがら、一つしかない鏡を奉納しよう」と言って、海の中に投げ入れたので、もったいないことであった。そうしたら、とたんに海が鏡の面のように静かになった。ある人が詠んだ。

 荒れる海に鏡を投げ入れて静かにしたが、同時にその鏡で神様の心を見てしまったことですよ

どうも、住吉の神や忘れ草・岸の姫松などという高尚な神様の仕業ではなかったようだ。まざまざと眼に映ったその神の心は、船頭の物欲しげな心と同じだったようだ。

言葉通りの解釈からちょっと外れた。まあ、でもこんな気持ち。見直す気にならないので、間違いや誤字・脱字は、ご容赦を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント