アクロメガリー治療29

平成27年1月より、特定疾病医療費補助制度が改正になり、自己負担が少し増えた。対象疾病の種類は大幅に増えたようなので、今まで対象外だった人は助かることだろう。

本日は血液検査の結果の詳細情報を貰わなかった。

ソマチュリン皮下注射は、左臀部。太い神経に当たったのか、いつもより痛かった。

上村で車両の追突事故があった。まだ間もない現場を通った。前の車が国道の、信号もない場所で停止したので、何事かと思った。分かったときには、もう散乱した車両破片の上を通過せざるを得ない状況になっていた。慎重に通過した。パンクしては、たまらない。

隣藩領内では、同じ国道の対向車線側溝に軽バンが片輪を落とし、ハザードを点滅させていた。気をつけねばと思った。

病院帰りに、双子の卵がよく出る「田中エッグ」を自販機で購入。

帰宅後、裏の畑の柿の木に鳥がとまった。
裏の畑の柿の木の鳥


旧師走四日 晴れるも時に雨粒流れてくる


      ┛ ┛  ┛ ┛  ┛ ┛  ┛ ┛  ┛ ┛

『万葉集』巻三第三百三歌

柿本朝臣人麻呂(かきのもとのあそみひとまろ)が、筑紫国(つくしのくに:福岡県)に下る海路で作った歌二首中の一。

名細寸(ナグハシキ) 稻見乃海之(イナミノウミノ) 奧津浪(オキツナミ) 千重尓隱奴(チヘニカクリヌ) 山跡島根者(ヤマトシマネハ)

名ぐはしき 印南(いなみ)の海の 沖(おき)つ浪 千重に隠(かく)りぬ 大和島根は

名前のよく知られている印南の海の沖の波よ。お前たちが幾重にも重なって(馴染みの)大和の連山が隠れてしまったよ

「名ぐわしき」は「名くわしき」とも。「名詳しき」ということで、「名前が精細である」→「名前がよくできて立派である」→「名前がよい」「名前が有名な」。

「なぐわしき」を「和(なぐ)わしき」と解し、「穏やかな」「気持のよい」ととる人もいる。

「いなみ」は「印南」「稲美」「稲見」などと表記される。播磨の国、現在の兵庫県加古郡の地名。「稲美町印南」という場所もある。今はやや内陸にある。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント