百重にも来及かぬかもと

台風をやり過ごしたダイミョウセセリ。
ダイミョウセセリ
南の生け垣のアジサイの葉上。

裏の畑のキュウリの垣が倒れた程度で、台風の被害は大きくなかった。夕刻には風もないだ。ただ、雨は降り続いた。

新国立競技場建設の計画見直しを首相が発表した。どうしてもやりたいであろう安全保障関連法案の見直しは、当然ながらなかった。

旧水無月二日 台風に伴う風雨


      ┛ ┛  ┛ ┛  ┛ ┛  ┛ ┛  ┛ ┛

万葉集』巻四第四百九十九歌

柿本朝臣人麻呂が、紀伊の国に出掛けたときの人麻呂と妻の歌四首。人麻呂の歌に返した妻の歌第二。

百重二物(モモヘニモ) 來及毳常(キシカヌカモト) 念鴨(オモヘカモ) 公之便乃(キミガツカヒノ) 雖見不飽有武(ミレドアカザラム)

百重(ももへ)にも 来及(きし)かぬかもと 思(おも)へかも 公(きみ)が使(つかひ)の 見れど飽(あ)かざらむ

何度でも何度でも来てもらえないかなと思っているからでしょうか。あなたのお使いは見ても飽きないのです

人麻呂の最初の歌の「百重なす」を受けて「百重にも」と始めている。

「来及か」の「しか」は「しく」の未然形。「及び至る」。

「ぬかも」の形で願望を表す。

「らむ」は現在の事実の原因・理由を推量。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント