アクロメガリー治療19

本日は、4週に1回のアクロメガリー治療注射の日である。 この4週は目立った副作用もなく順調だ。ただ、抜けた体毛がなかなか伸びてこない。へその周りやその下の部分、また太ももや脛の毛も濃かったので、薄くなり喜んでいるのだが、脇の下も可哀そうな状態になっている。頭頂部の分け目を見ると、はっきりとまばらになっている。 前々回から、注射量を増やしたためか、前回の血液検査の結果は良好だった。成長…

続きを読む

アクロメガリー治療18

出て来る前に洗濯物のほか、座蒲団も4枚干してきた。車のウインドに雨が当たってきたが、引き返せない。 ソマチュリン皮下注射(R)、前回より90mgから120mgに増量していたようだ。今回も120mg。注射を打っていても、血中成長ホルモン量、標準上限よりわずかだが多い。 帰り道にあるしだれ桜。 大変な強風だ。いろんな物が飛んでくる。車も揺れる。 丹生川郷に入ると、北東に虹が見…

続きを読む

アクロメガリー治療17

今日は定例の血液検査とお尻の皮下注射の日である。 うわっ、雪が積もっている。なごり雪には少し早いか。 昼前に出掛ける。 今日の注射は少し痛かった。1か月前の成長ホルモンの数値、少し上がっていた。注射で抑えてこれだから、注射をやめるともう少し高値になるか。最近、血圧も高値が続いている。本当は、注射をやめたいのだが……。 帰りには、また雪が舞ってきた。 旧如月七日 曇り…

続きを読む

ひどい下痢

寅の刻、午前4時頃、便意を催し厠へ。 吐き気を伴う、強烈な下痢。小半時(こはんとき:1時間弱)も座っていた。O157か? ノロウイルスか? 正露丸を飲んで寝た。 感染するといけないので、朝食と昼食の準備はせずに、昼まで寝ていた。父は何ともなかった。 原因が天麩羅の食べ過ぎならば一番良いのだが、忌明けのお斎の料理ならば、少々問題だ。 いずれにしてもアクロメガリー治療の注射を…

続きを読む

噛み合わせは大切

また舌を噛んでしまった。 通信員はアクロメガリー(先端巨大症)のため、下あごも成長している。下の歯だけ隙間が開いてくる。当然噛み合わせもずれてくる。 魚が食べにくい。骨を探知する能力が極端に低下するため、食べるのに恐ろしく時間がかかる。小骨が大量にある魚は、魚肉の一部もあきらめざるを得ない場合がある。 問題は、ほおの内側や舌を噛んでしまうことだ。本日も下の右側面を噛んでしまい、…

続きを読む

アクロメガリー治療16

今日は前回の頭部MRIの撮影結果を聞くのとと、臀部の皮下注射をしてもらうため病院へ行く。 隣郷の伯父が通信員の家の先祖代々の墓にお参りしてくれ、帰りに寄ってくれた。すれ違うように病院へ出発した。ありがたいことに、雪はまだ降り出していない。 病院駐車場の木の枝にとまっていた鳥。種類は分からなかったが、以前、河原鶸(カワラヒワ)がいたので、それかもしれなし。 血液検査用の採血を終え…

続きを読む

ブーツ型毛布

岡田屋(aeon)でブーツのような毛布を購入した。4年ほど前から手足の冷えが激しくなった。毛あしの長いスリッパを履いていても、冬になるとかかとの皮下に血栓ができた。ムートンブーツタイプの靴を購入し、冬季は室内履きに使うようにしていた。 通信員はアクロメガリー(先端巨大症)を患っているため、その店で一番大きい物を買ってきたのだが、このムートンはやや小さい。素足で履けばさほど問題はないのだが、…

続きを読む

アクロメガリー治療15

9時から頭部MRIを撮ってもらう。朝食は抜きだ。食べられないとなると無性に欲しくなる。 30分前に来いと書かれている。7時20分に家を出る予定が、27分になった。通学の子供たちが歩いたり、自転車に乗って走っている。 血行不良のため、霜焼けの症状が進んできた。気を付けているのだが、しびれを感じることもある。ヒーターが効き始めるまでの車内では、手足が冷えて仕方がない。足を動かすと危ないし…

続きを読む

アクロメガリー治療14

今朝は一番冷え込んだ。起床時寝室は3℃であった。ここまで今冬4℃が最低。 良かった。雪は積もっていない。本日は、ソマチュリン(R)皮下注射をしてもらいに病院に行かねばならぬ。鈴鹿の山すそを通るので、雪が積もると困る。電車だと、片道1時間が余分に掛かるのだ。 病院に行く途中、雪が舞っているところもあったが、積もるまではいかないようだ。 脳外科の診療は、午後にかかるくらいの遅い時間…

続きを読む

アクロメガリー治療13

6時の起床時、ひどい状態ではなかったが頭が痛かった。 錦木(ニシキギ)の紅葉。今年は去年よりも紅葉が美しい。 また椎茸(シイタケ)を採った。手頃な大きさのもの。 昨日、Amazon のマーケットプレイスで、本を何冊か注文した。1冊は今朝7時半に最終配達拠点を出ているという。午前中に来てくれと願う。 間に合わなかった。少し早目の昼食をとり、病院へ。途中、クロネコさんとすれ違…

続きを読む

アクロメガリー治療12

大根(ダイコン)。少し小さめだが、大きくなるまで待っていると割れてくるので早々に収穫。 水仙(スイセン)が咲いた。日本水仙(ニホンス[ズ]イセン)らしい。西裏の畑の柿の木の下。扁虻(ヒラタアブ)が来ていた。 アクロメガリー(先端巨大症)治療のために打っている注射(ソマチュリンR皮下注)の副作用で、胆石症になる人がいるという。実際、前回・前々回の注射の直後は便が白かった。前々回は1週間…

続きを読む

椎茸を干す

椎茸(シイタケ)を干した。大きいので1日では乾かない。 アクロメガリー治療のために投与している薬剤のためと思われる。頭髪に限らず、大量に体毛が抜ける。 (^^;;;;;; 毛が抜ける 木枯らしに舞う 葉のごとく  たつく 旧神無月十八日 晴れ 起床時に西の空に残った16番目の月。 最新 シイタケのつくり方農山漁村文化協会ユーザレビュー:Amazonアソシエ…

続きを読む

アクロメガリー治療11

前回から4週経ったので、ソマチュリン皮下注射の治療を受けに行く。この注射については、初回の新暦9月13日の当ブログが詳しい。 この治療の珍しいところは、「私と先生の治療交換日記」という小冊子があり、文字通り病状や気持ちを交換日記に書くのだ。確かに1ヶ月間というのは長いので、診察日までの数日間の現状は伝えやすいが、10日前や3週前の体調は伝え忘れたりするものだ。また、直接聞きにくいことでも書…

続きを読む

アクロメガリー治療10

通信員は先端巨大症(アクロメガリー)を患っている。成長ホルモン(GH)が出過ぎて、手足や下あごなど先端部が肥大していくのだ。 脳下垂体にできた腫瘍が原因なので、6月に手術で取り除いてもらった。少し残ったためか、その後も通常範囲の上限の数倍はGHが出ている。 そのため、薬剤を注射する治療を続けることになったが、これが高額だ。幸い、医療費助成を受けられる特定疾患(難病)に指定されているの…

続きを読む

アクロメガリー治療9

桑名御城下にある保健所に朝から出掛ける。特定疾患医療受給者証の交付申請のためだ。 申請が通り、認定されれば医療費の助成が受けられる。助成額は所得額の多寡によって変わってくる。そのため所得額や納税額の証明が必要になる。この証明書の種類が4種類あり、適切な書類を取らなければならない。 どれを取るべきか悩んだが判断がつかない。こうなったら丸投げだ。源泉徴収書や確定申告書・県市民税の通知書な…

続きを読む

アクロメガリー治療8

片喰(カタバミ)の花と葉。一時鳴りを潜めていたが、再びカタバミが花を咲かせ始めた。青い葉もたくさんあるのだが、写真の花の周りの葉は茶系だ。 波状雲。 通信員の治療中の病、アクロメガリー(先端巨大症)は、国の特定疾患治療研究事業の対象疾患だ。データ等を研究に使うという名目で、かなりの医療費助成が受けられるのだ。通信員のような貧しい民もあきらめることなく治療が受けられる有り難い制度だ。現…

続きを読む

台風の爪痕

稲の苗箱を置いておくための簡易ハウスは、普段は父の車の車庫になっている。稲作をやめてからは、常時その目的で使用されている。 上に被せてあったシートが破れた。そろそろ寿命が来ていたのだが、台風によってその時期が早まった。 精霊蝗虫(ショウリョウバッタ)雄。チキチキチキッと音を発しながら、通信員の体に飛んできた。こちらも台風にやられたのか、ジャンプに使う立派な脚が1本取れている。音を立て…

続きを読む

アクロメガリー治療7

秋海棠(シュウカイドウ)。ベゴニアの仲間だが、江戸時代初期から日本に来ているので、中国の植物名の音読みで、こう呼ばれる。夏から秋にかけて開花する。春に花が咲くリンゴ属の海棠(カイドウ)という木の花の色に似ているところから名前が付いた。 今日は午後から脳神経外科へ行ってきた。ほとんどの科は診察が終わり、人はまばらである。血液検査もあったが、あまり時間がかからずに検査結果が出た。ただし、肝心の…

続きを読む

アクロメガリー治療6

心臓検査の結果を聞きに行った。病院花壇のツツジ。 狭心症ではなかった。手術を受けても大丈夫とのこと。 ( ´o`)п< <(ホ)  昨日の新聞に、病院の研修医の不祥事が載っていた。面識もない医師で、通信員には関係ないことなのだが、心なしか患者が少ないような……。早く番が回ってきてありがたいが……。中待合(なかまちあい)廊下に病院長名で、診察には支障がないこと、今後気をつけるという内…

続きを読む

アクロメガリー治療5

小屋の南側の雑木壇の小坊主弟切草(コボウズオトギリ;ヒペリカム)の花と実 今日の検査は、極めて高額だった。二万五千円払って、おつりは百二十円であった。 MRIはロッカー室があり、荷物や着替えはロッカーに入れる。ダイヤル式のロックになっていて、自分の好きな4ケタの数字に設定できる。 それに比べ、今日の検査で入ったRI検査室は原始的だ。脱衣籠の中に荷物と着替えを放り込み、検査室に持…

続きを読む

アクロメガリー治療4

午後から頭部MRI検査だけの予定であったが、朝から病院に出掛けた。先日の負荷心電図で少し異常があったので、循環器内科の先生に診てもらうためだ。 脳下垂体の患部切除術は全身麻酔となるため、自発呼吸ができなくなる。不安部分は排除しておかなければいけないので、少し詳しい心臓検査をすることになった。 自転車をこいで、心臓に負荷をかける。放射性薬品を静脈注射する。γ線をとらえるカメラで心臓を撮…

続きを読む

アクロメガリー治療3

入院日と手術日が決まった。まだ1か月以上先である。 本日は ・腹部エコー ・心エコー ・負荷心電図 ・頭部CT 造影剤あり の4つの検査と診察があった。 腹部エコーは予定時刻の20分前に始めてくれた。続いて心エコー。これは予定時刻の1時間前に始まった。 技師(?)の人は、現在勉強中のようだ。ベテランについてもらって、常に話をしながら検査が進められる。一度通信員が話しか…

続きを読む

アクロメガリー治療2(なぜか1はない)

先日行った検査の結果を聞きに、病院に行ってきた。経緯は新暦4月11日の記事をご覧なされたし。 MRI画像には、脳の下垂体が大きく写っていた。通常直径1cm程度なのだそうだが、通信員のは2cmくらいあるようだ。 血液検査では、次の通り異常があった。 ・成長ホルモン(GH) 26.510ng/mL(基準値0.003~0.971) ・黄体化ホルモン(LH) 0.14mIU/mL(基…

続きを読む

上巳(じょうし)

五節句は徳川幕府が定めた。 人日(じんじつ)・・・一月七日・七草の節句 上巳(じょうし)・・・三月三日・桃の節句 端午(たんご)・・・五月五日・菖蒲の節句 七夕(たなばた)・・・七月七日・七夕 重陽(ちょうよう)・・・九月九日・菊の節句 今日は旧暦三月三日、ひな祭りである。新暦の三月三日は桃の花にはまだ早い。 ひな祭りのもとになった上巳は、中国で始まった。三月の最初の巳…

続きを読む

先端巨大症 五十過ぎの青年

通信員、成長ホルモン(GH=Growth Hormone)が今でも大量に出続けているそうだ。 二十歳のころに26cmくらいだった足のサイズが、今は29cmにならんとしている。また、手のひらも大きくなった。頭蓋骨も変形し、でこぼこになってきた。靴屋を回っても、気に入った靴にサイズの合った物がない。これが一番困る。 ネットで調べてみると、先端巨大症(末端肥大症;アクロメガリー)というのが…

続きを読む