名フィルinいなべ9

一生のうちに『皇帝』の生演奏を体感できるとは思ってもみなかった。 ベートーヴェン作曲ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73のことである。 私は、数あるピアノ協奏曲の中でこの曲が1番好きである。 録音は、ゆうに100回以上は聴いている。 他の分野の音楽と違い、クラシック音楽は楽譜に忠実に演奏されることが求められる。 それでも演奏前の打ち合わせ等で、テンポや音の長さ・強弱・打数等に変更…

続きを読む

冷たい水の中を震えながら登って行け

雪の朝となった。通信員宅から裏の畑を見る。 少し前に、中島みゆきの母校への偽メッセージが報じられていた。 現在放映中の朝ドラ『マッサン』の主題歌『麦の唄』は、書き下ろしというのだろうか、詠い下ろしというのだろうか? 完全にドラマの内容が反映されている。 NHKが依頼して作ってもらったのだろう。『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』の主題歌「地上の星/ヘッド…

続きを読む

荘厳ミサ曲

本日は老人福祉大会か総会という名前の日帰り旅行で、朝から父が出掛けた。 やはり未だに薬剤濃度が高いのか不調。何とか朝、贈れずに起きているが……。 黄縁首細葉虫(キベリクビボソハムシ)。ヤマノイモなど、つる状の植物が何種類か絡まる御近所の生け垣。ヤブカラシの葉の上にいた。翅上は黒点が4つだが、縁を除き真っ黒な個体もいるらしい。逆に黒の部分がないものもいるとのことだ。 亀虫(カメム…

続きを読む

ふきのとう

蕗の薹(ふきのとう)が出てきた。裏の畑に自生する。 天麩羅(テンプラ)にして食べた。程よい苦味が口に広がった。 (((~ ̄*) 父が我慢しきれずに、自分で電話をして皮膚科に行った。飲み薬と塗り薬を貰って来た。薬は1週間分。通信員が買ってきた市販の塗り薬では、効果が低かったようだ。 旧如月十八日 彼岸の入り 雨時々曇り 久しぶりにビートルズの『ノルウェーの森 』を聴いてみ…

続きを読む

大寒

本日は二十四節気の大寒(だいかん)。 『暦便覧』によると冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也ということだ。 日陰にはまだ雪が残っている。彼岸花の葉の上の雪が氷化したもの。 七十二候は款冬華(ふきのはな さく)がはじまる。雪の下から蕗の薹(フキノトウ)が芽を出してくる。時間があれば探してみる。 本日午後、予告通り停電があった。1時間弱であったが、休憩時間とした。 ベ…

続きを読む

クリスマスソング

androidアプリでスマホでも使えると思うのだが、Kindle Fire HD に[無料のクリスマスソング]というアプリをインストールした。 有料版のプレイリストを購入してもらうためのお試し版だが、十分である。コーラスや演奏者が異なるためか、音量が揃っていない。また、素人っぽい演奏も多いが、それがまた味を出している。 英語の歌もたくさんあるが、スペイン・ポルトガル語のものもある。フ…

続きを読む

歩き過ぎた

蜜蜂(ミツバチ)。山茶花(サザンカ)の花にとまって蜜を吸っていた。多分ニホンミツバチ。 夏の間、暑過ぎてほとんど歩けなかった。少しは歩かないと、と思ってここ数日頑張って歩いている。今日は九千歩以上歩いた。珍しく音楽を聴いて歩いた。モーツアルトのジュピター(交響曲第41番)の第4楽章を聴きながら腕を大きく振って歩いた。 調子に乗り過ぎたのだろう。就寝後、寒気がして胸が苦しくなった。 …

続きを読む

朝日のあたる家

中学生になったとき、ラジカセを買ってもらった。小6の担任の先生に勧められたNHKラジオ第2の「基礎英語」を聴くためという名目である。 1週間程度は早起きして聴いていたのだが、続かなくなった。録音して帰宅後聴こうということである。 ラジカセは、ラジオ・カセットレコーダーの略で、現在では家電量販店でも探すのに苦労するが、当時は最先端の家電製品であった。 隣郷にある薄い親戚のラジオ店…

続きを読む

復活祭

春分の日の後、初めての満月になった後の最初の日曜日、切支丹(キリシタン)は復活祭を行う。今日はその日。 英吉利や亜米利加では、Easter(イースター)と言っている。十字架にかけられ処刑されたイエス・キリストが、復活したことを祝う祭りである。ただ、Easter とは、east「東」という言葉と関係があり、「東から昇る太陽の女神」をたたえる祭りが起源になっている。春を迎える感謝の祭りである。…

続きを読む

母に捧げるバラード

ドラマ『金八先生』で時の人になった武田鉄矢は、海援隊というフォークグループを率いていた。同ドラマで流された『贈る言葉』は、知らない者がいないくらい流れた。 俳優を始める前には『母に捧げるバラード』という曲もヒットした。この曲、ほとんどが台詞(せりふ)で構成されている。 最後の方に 働いて、働いて、働き抜いて、休みたいとか、遊びたいとか、そんなこといっぺんでも思うてみろ。そんときゃ、…

続きを読む

14番目の月とサザエさん

ユーミンが荒井由実だったころの傑作に『14番目の月』がある。 次の夜から欠ける満月より14番目の月が一番好き という歌詞が現れる。 書くまでもないことだが、金曜や土曜の夜は楽しいが、日曜の夜は愉快ではなくなる。子供のころ、『サザエさん』の サザエさん、サザエさん、サザエさんは愉快だなー という歌詞を悲しい気分で聞いていた。 私が学校に通っていたころは、土曜日は休みではなかった…

続きを読む