テーマ:家事

トマト寒天

トマトジュースの寒天。無塩のジュースで、砂糖も入れなかったので、やや酸っぱい程度でほとんど味なし。 扇風機を出してきて分解し、きれいにした。 外でやったので、汗が噴き出してきた。 昨年種をとっておいたバジルの種を、数日前に西の畑に蒔いたのだが、芽が出てきていない。 水をまいておく。 旧卯月十五日 晴れ 暑し
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古い梅酒を捨てた

里芋と人参・鶏腿肉の煮物。ニンニク・生姜入り。和風。夕食。 空き瓶に移し替えてあった古~い梅酒を一瓶捨てた。 旧如月廿四日 小雨 御用繁多につき万葉集鑑賞は本日もできず。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直に逢ひて見てばのみこそ

五葉松(ゴヨウマツ)。南生け垣裏。 今日はリサイクルごみ収集の日。着火ライターの分別に困ったので、とりあえず持って行ってもらった。役員さんの話では、壊して金属部分とプラスティック部分に分け、金属部は金物リサイクルごみ、他の部分は可燃ごみの袋に入れて出すとのこと。父が持って帰ってきて砕いていた。 北朝鮮が水爆実験を成功させたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らぬ人にも恋ふるものかも

椿(ツバキ)の花。南の生け垣。 年末に通信員宅の南の生け垣は大伐採し、道を挟んだ南のお宅でも生け垣庭木を大々的に伐採したので、明るくなった。スースーして寒々と感じるくらい。 躑躅(ツツジ)の紅葉。門の入り口脇。 現在は同一市内だが、旧隣町にある岡田屋系列のスーパーのチェーン店へ買い物に行った。近くにコメリという農業資材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君に逢はむ年は経ぬとも

中厠(屋内のトイレ)の水洗タンクから少しずつ水が出流(でなが)れるようになった。終了後、フロートゴムボールを押さえつけると直る。 そんなことばかりもしていられない。節水用に置いてあった金属の重り輪っかを載せるといいかもと思い、あれこれやっていると、フロートゴム玉とカップと呼ばれる部分の接続部の止(とめ)リングを破損させてしまった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光は清く照れれども

火鉢。定年後、父は冬になると出してきて使っている。炭は隣郷の伯父が焼いて持ってきてくれる。父が伐採した庭木を焼いて消し炭を作ることもある。 一酸化炭素中毒が懸念されるが、隙間だらけの家だから危険性はh比較的小さいと思う。 餅つき器で餅を作る。手が暑くなるし、くっ付くし、大変だ。隣家では子供さんの家族もやってきて、臼と杵で本格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月読みの光に来ませ

苺(イチゴ)の紅葉。裏の畑。 今冬は暖かいので、レタスがまだ食べられる状態で残っている。西裏の畑産。 食堂(ダイニング)から取り外した円形蛍光灯の取り付け具と蛍光灯を、南座に取り付けた。電源コードが短くて、今までの直管20W3本よりも高い位置に取り付けざるを得なかったが、それでも明るくなった。合計60Wと70Wの差が表れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妹に恋ひつつ寝ね勝てずけむ

斑丸翅広頭小蛾(マダラマルハヒロズコガ)。外厠の壁。幼虫は鼓蓑虫(ツヅミミノムシ)と呼ばれている。ギターの本体の形の板を二枚重ねてその中で暮らしている。 青芥虫(アオゴミムシ)の一種。足早に市道を移動中。通信員宅の漬物小屋の南の落ち葉の下に逃げ込んだ。頭部・胸部は赤く輝いて見えた。 香典返しのカタログ注文で届いたスライサーセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結の恥しつ

雪の下(ユキノシタ)の葉。葉の色模様が独特。通信員宅裏の軒下。花はまだ。子供のころ、母が天ぷらを作ってくれた。 白花弁が落ちた後の雪柳(ユキヤナギ)。可憐。通信員宅裏の生け垣。 臭木亀虫(クサギカメムシ)。通信員寝室に避難中。戸外に退散願った。 父は良き働きをした。置き薬の箱を返した。箱は貰ってくれということなのでいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬茹(どんこ)できる

椎茸、冬茹(どんこ)タイプ。この時期に生えてくる椎茸は、笠にきれいな割れ目が入る。肉厚で歯ごたえがある。 沈丁花(ジンチョウゲ)赤開花。花自体は白い。機械小屋南。 ガスレンジテーブル購入。掃除して設置する。食材や調理途中の物を置く場所に困ることがあるので、作業効率が上がるか。 安売り衣料店の売り出しで、ブリーフやトラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

停電。へそで茶を沸かす

午後、停電した。 わずか1分間ほどであったが、編集中のメルマガ原稿が飛んだ。 ワープロソフトで執筆していれば、適宜バックアップを取ってくれているので、腹を立てるほどの状態にはならないだろうが、使いやすいのでテキスト・エディタを使っている。 バックアップは取っていない。2時間分の苦労が泡と消えた。 1時間ちょっと経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼見れど飽かぬ田子の浦

午前中の南東の空。 少し前から土星が月の露払いをしている。 父の従叔父が老人会の伊勢旅行の土産を持ってきてくれる。 隣郷の伯父が、昨年の父の入院を聞きつけ来てくれる。 旧霜月廿七日 雨のち雪       ┛ ┛  ┛ ┛  ┛ ┛  ┛ ┛  ┛ ┛ 『万葉集』巻三第二百九十七歌 昨日に続き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餅保存には練りからし

小正月(女正月;花正月)。 元日から食べ続けてきた餅。今朝までとする。2kgほど肥えた。残った分は冷凍した。今年は、練り辛子を餅容器に入れて常温保存しておいたら、17日間黴(かび)なかった。昨年までは、水に入れてもヌメヌメになって気が抜けなかったので、大いに助かった。 旧霜月二十五日 雨のち曇り       ┛ ┛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが命し真幸くあらばまたも見む

複数の部屋にカーテンを着ける必要があったのでホームセンターに行った。仕事部屋をカーテンで仕切って暖房効果を高めようと思い立ち、ついでに購入。旧商品のたたき売りワゴンを見つけた。二間分必要なので柄違いで、少し不格好となったが良い買い物だった。カーテンレールも買った。 愛車のバッテリーが弱ってきて、数度充電したがあまり回復しない。こち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七草ではないけれど

沈丁花(ジンチョウゲ)の蕾(つぼみ)。南の生け垣。 お昼に、七草ではないけれど粥を作った。 仕事帰りに百円ショップでキッチン・タイマーの電池を買う。まだ鳴るのだが、文字盤表示が薄くて見るのに苦労していた。交換したら濃くなった。 旧霜月十七日 時雨模様 人日(じんじつ:七草)       ┛ ┛  ┛ ┛  ┛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何とか年を越せそう

黒豆を煮始める。保温調理器で三回煮た。それでもまだ固め。 日没後より雨。 仕事帰りにスーパーマーケットへ。漬物用の塩5kg入りを調達。重く、左脚に応えた。 新家の手打ち蕎麦と父の従叔父がくれた地元産の蕎麦を混ぜて年越し蕎麦を作った。 旧霜月十日 新暦では大晦日 晴れのち雨 日中は暖かかった       …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脚部の痛みで受診

近くの総合病院は、通常診察が昨日までであった。救急指定になっているので、休診日でも診てくれる。 膝の腫れが気になったので受診した。膝のレントゲンを撮ってもらったが、骨には異常なしとのこと。受診の際に膝を触られても痛みなし。湿布を貰って帰った。 外出すると、何かのホルモンか何かが体内に行き渡り、痛みの感覚が薄れるようだ。帰って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木伐採される

女郎蜘蛛(ジョロウグモ:上臈蜘蛛)にやられる針亀虫(ハリカメムシ)。南の空き地。 小栴檀草(コセンダングサ)の実。引っ付[着]き虫。南の空き地。 大鉈(おおなた)を振るわれた姫榊(ヒサカキ)。この辺りでは、ブシャカキ。 この他、通信員宅のロウバイ・シナレンギョウ・ツバキ・ヤツデ・サンショウ・マユミ・ゲッケイジュ・サンシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

羽毛飛散、悲惨

屁糞蔓(ヘクソカズラ)の実。南の生け垣。 台風一過の青空。 紋白蝶(モンシロチョウ)。強風に疲れたのか、それとも寒くなり動きが鈍ってきたのか、いつもは撮らせてくれないモンシロチョウがジッとしていた。南の生け垣のニシキギの上。 羽毛布団の表面の布が破れて、もうシッチャカメッチャカ。羽毛が舞いに舞い、手の着けようがなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大木撤去

昨日、父にリサイクルごみを持って行ってもらった。料理用の油の回収もしてくれるので、オイルポットも持って行ってもらうことが多い。 オイルポットがどこにもないので、たずねたら、「置いてきたかも知れん」ということだった。見に行ってもらったが、回収所付近にはなかった。昨日は、金物の回収もしていたので、持って行かれたのかもしれない。あきらめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も「なおい布」届く

今年も尾張(おわり)国府宮(こうのみや)のなおい布と奉納鏡餅の切り餅が届いた。詳細は昨年の記述をご覧あれ。 鏡餅は50俵か60俵くらい使うそうだ。クレーンを使って移動させている映像がテレビで放送されていた。 怪我の功名とはこのことか。 昨日、父は報恩講(ほんこ)さんで、帰りが遅れた。通信員が風呂の準備をしたのだが、晴れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日

お鏡さん。 弟の同級生の実家で、仲の良いものが集まる会が毎年開かれる。年に数度の時もある。そこへ行っていたようで、夜明け前に弟がやってきて泊った。 年末に掃除をしたのだが、黄ばみが取れなかった外便所の男性用便器を真っ白にしていってくれた。どうやったのだろう。 新家(しんや:近所の従叔父の家)が手打ち蕎麦を持ってきてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oh掃除

妹と義弟・甥が来るというので、昨日から時間をつくって掃除している。昨日は南座と「おくで」と呼んでいる仏間の窓を拭いた。かなり埃が付いていて、初めは余計に汚くなった。何度か拭き直し、ようやくましになった。本日は部屋の掃除。 朝出ていた月。本日は下弦の月だが、これは前日のが残っている月なので下弦一日前の月か。 通信員宅の万両(マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポンプボトル

都知事の話ではない。シャンプーのポンプボトルの話である。 今年購入したものだが、ずっと使わずに置いてあった。百円ショップで買ってきたポンプボトル。 通信員は、シャンプーもコンディショナーも Super Mild と決めている。安売りの時に買っておくのだ。 しかし、家族のものが買ってきたのか、それともいただいたものか、違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

似た者親子

父が、トイレを流し忘れた。 朝食の後片付けを終え風呂場の近くを通ると、バタバタ音がする。 太陽熱温水器から降りてきている蛇口からドボドボと水が流れ落ち、風呂の蓋をたたいているのだ。昨夜、蛇口を閉め忘れたのだ。温水器の容量はさほど大きくなく、全部おろしても湯船の6・7割ほど。毎日、最後までだ足切るため、蛇口が開いていてもそれ以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイヤ交換

今朝は冷え込んだ。丹生川郷は雨だったが、西の山には雪が降ったようだ。 乗用車のタイヤをスタッドレスに交換した。普段やらない、うつむく作業を行ったためか、終了間際に腹が痛み出した。痛みをこらえながら交換済みのノーマルタイヤを片付けた。スタッドレスの空気圧は正常だった。空気を入れる必要がなく助かった。 ホットカーペットを干して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弟来る

落ち葉。柿や桜・蔦・山芋などの葉。この御時世、焚き火もできない。この程度の量は大丈夫だろうが、通報を受けた大名火消し(消防署員)が見回りに来ないとも限らない。丹生川郷でも注意を受けた手合いがいる。手合いとは「やつ(ら)」という意味。辞書には「軽蔑が込められる」とあるが、ここではその含意はない。ただ「人」「者」という意味。ダイオキシンも出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏日、暑かった

久しぶりに快晴。夏用のビジネスパンツをネットに入れて洗濯し、仕舞った。 秋が深まってきた。 色付く野葡萄(ノブドウ)。 錦木(ニシキギ)。通信員宅の垣根のニシキギの葉も色が変わってきた。 負飛蝗(オンブバッタ)。背中に乗っかっている小さいのが雄。大きいのが雌。通信員宅前の市道。 黄立翅(キタテハ)。西裏の畑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もったいないがあだに

厠(かわや:トイレ)の薬用泡ハンドソープが切れた。詰め替え用がまだ1回分残っていたはずだ。 詰め替え用袋から容器に液を移す。もったいないので絞りに絞って注いでいると、絞っている手がツルンと滑り、ポンプ容器に当たり、容器が倒れた。入れていた液の大半が流れ出した。 何をしているんだ! こんなことなら、無理に絞り出すんではなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

副鼻腔炎治療3

耳鼻咽喉科で副鼻腔炎の治療。ネブライザー(噴霧機)で、薬剤を鼻から吸入。 帰りに道路沿いの卵直売所で卵を買う。自動販売機で200円。赤卵が12個入っていた。 通信員は炊事で手荒れをする。手が大きいので、炊事用のゴム手袋がはめられない。LLはめったに売っていないし、売っていたとしてもメーカーによってサイズがさまざま。無理にはめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more