テーマ:土佐日記

ノルウェイの森下巻

村上春樹著『ノルウェイの森』を下巻だけ読んだ。2週間ほどかけて少しずつ読み、今日終わった。 10年以上も前に、知人が引っ越すときに置いていったものだ。ずっと本棚で眠っていた。時々、並べ替えのために触れられるだけの状態だった。図書館かどこかで上巻を読んでからと、ずっと思っていたのだが、その機会は訪れなかった。 二十歳の主人公は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休肝日連続記録途切れる

四日続いた。父の休肝日である。四日間は、近年にない記録である。アルコールを断っている間、体の調子がよかったのか。 残念ながら、本日は祖父の従兄弟宅で法事があり、少し飲んだらしい。しかし、今年は年間十日以上の休肝日が望めるかもしれない。 夕食には牡丹餅(ぼたもち)を作ろうと、餅米(もちごめ)を炊いた。 うまく餡子(あんこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイヤ交換す

法事の引き物に貰ったカタログギフトで、父が時計を注文した。ケ―タイは所有していないので、時計は必要だ。現在、自動巻きの物を使っているが、安物なので時間が狂う。 分・秒刻みの生活を送っているわけでもないので、今の時計で十分間に合うのだが、農作業等にも着けているので、お出かけ用の物が欲しいのかもしれない。 注文しといてくれと頼ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STAP細胞はあるのか

論文取り下げの方向で進んでいるという。手軽に万能細胞ができてしまうというSTAP細胞についての論文だ。内容もさることながら、日本のマスコミは、論文筆頭者の女性を持て囃し、大きく取り上げた。 論文については、どうも傷が多く、大き過ぎるようだ。世の中の風潮が、すぐに結果を求める安直な方向に流れている昨今、こんなことも起こるだろう。慌て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血小板血症経過観察

本日は3カ月に一度の本態性血小板血症の経過観察受診日である。主治医の許に出掛けた。 血液1マイクロリットル中、108万4千個の血小板が検出された。昨年の9月からの時系列グラフも出力してもらった。少し増えているが、急激なのもではない。次回も3ヶ月後。 豆を煮た。今日は砂糖もしっかり入れて、比較的濃い味にした。 父は今日も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の確定申告も済ます

父の確定申告も郵送した。やることは通信員のものよりは少ないのだが、慣れていないので苦労した。 国税庁の申告書作成コーナーは、わけがわからなくても立派に書類をつくってくれる。プリントアウトするまでは、全体像が見えず、暗中模索、五里霧中だが、出来上がって見てみると、何となくわかる。 源泉徴収分だけでは足りないようなので、追加の分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿肉もらう

朝起きてみたら、すごい氷柱(つらら)だ。 朝日さす 軒のたるひは 解けながら などかつららの むすぼほるらむ  『源氏物語・末摘花』 紫式部の時代、「たるひ」は「垂れている氷」。こちらが現在の氷柱(つらら)。「氷雨」の「氷」は「ひ」と読む。 「つらら」は「ツラツラと光っている普通の氷」。 この歌は、あまり見目麗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひねもす雪

寒いはずだ。朝は薄っすらとだが雪が積もっていた。 この前、丑(うし)の刻(午前2時半ごろ)に厠へ行った。下痢であった。 寅の刻(午前3時15分頃)にまで及んでしまった。月に1・2度はこれである。 朝食は食べようか、食べずにおこうか迷ったが、食べた。急降下ということにはならなかった。ホッ。 だんだん雪がひどくなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉症、舌下免疫療法

お寺から納骨ツアーの案内を貰った。30名以上集まれば大谷本廟に連れて行ってくれる。御縁さんの話だと、個人で行く方が安上がりだが、交通手段や食事のことなどは考えなくて済むそうだ。ツアーは、ちょっとした観光地も回ってくれる。 申し込み締め切りは5月ということなので、現在思案中。 雪起こし(クリスマス・ローズ;レンテンローズ;ヘレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新家の報恩講

新家(しんや:祖父の弟が興した家)の報恩講が夕刻からあった。お供えを買って、父が出掛けた。 父の従兄弟の外孫たちはえらい。普通、中学や高校生になると、面倒くさがって仏事にはやって来ないものだが、嫁いでいる娘一家は総出で毎年やってくる。とうとう下の子も、お酒を飲める歳になった。良い孫だ。 新家の冷凍庫には大量のストックがあるら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクロメガリー治療17

今日は定例の血液検査とお尻の皮下注射の日である。 うわっ、雪が積もっている。なごり雪には少し早いか。 昼前に出掛ける。 今日の注射は少し痛かった。1か月前の成長ホルモンの数値、少し上がっていた。注射で抑えてこれだから、注射をやめるともう少し高値になるか。最近、血圧も高値が続いている。本当は、注射をやめたいのだが……。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確定申告書提出

本日、確定申告書を郵送で提出した。昨年に引き続き、国税庁のWebページの確定申告書等作成コーナーを利用した。昨年のデーターがPCのローカルディスクに保存されていて、それを読み込んでくれるので楽だった。 たた、手引きを読みながら、納得して紙に書き込んでいく従来の方法にも、良い点があると思う。 PC画面上で入力していく方法は、雲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険金でトントン

昨年度の医療費は、降りた医療保険の金額でほぼ相殺できた。交通費や関連費を含めたら足りないが、かなり助かった。 旧如月五日 また寒くなってきた 『土佐日記』当日分。 五日。けふ辛くして和泉灘より、小津のとまりをおふ。松原目もはるばるなり。これかれ苦しければ、詠める歌、  行けどなほ行きやられぬは妹がうむをつの浦なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅花咲く

梅の花が咲いた。実ができるか楽しみ。 会計業務。今年は、父のも手伝おうと思っているのでやること多し。 旧如月四日 曇りのち雨 『土佐日記』当日分。 四日。楫取、「けふ風雲のけしき甚だあし」といひて、舟出さずなりぬ。然れども終日に浪風たたず。この楫取は、日もえ計らぬ乞食なりけり。この泊の濱には、くさぐさのうるはしき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻腔粘膜焼灼術

作戦失敗であった。「十七日間鼻をかまない、鼻洗浄もしない作戦」である。 かさぶたは大量にできたが、どうも傷口は塞がらなかったようだ。通信員は他人に比べ、傷を治す力が弱いようだ。 出血の度合いも強くなく、テイシューを添えなければ、鼻血が垂れて出てくることはまずない。だが、事あるごとに出血し、鼻腔内に血の塊をつくる。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市立図書館リユース会

年に一度の市立図書館リユース会の日である。夕方予定されている通信員宅の報恩講(ほうおんこう:ほんこさん)の準備で、できるものをやって、車で20分ほどのリユース会場へ向かった。 図書館の古くなった除籍書籍を無料で分けてくれるのだ。一人10冊まで。家族五人なら50冊いただける。実際、家族連れの人も多い。 昨年は10冊いっぱいまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も転記ミス

青色申告の貸借対照表、借方・貸方の合計欄に4,753円の違いが出た。一発で合ってくれると嬉しいのだが、うまい具合にはいかないものだ。 精査した。1日では終わらないこともあるが、今回は1時間ほどで見つかった。 経費の一項目が32,749としなければならないところ、37,502と入力ミスをしていた。昨年はいかにもありそうな、納得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅のつぼみ膨らむ

昨年までは葉っぱだけであった。門の梅がようやく花を咲かせるようだ。蕾(つぼみ)が膨らんできた。実はなるだろうか。 桃栗三年柿八年(ももくりさんねんかきはちねん)と言うが、母は「梅は酸い酸い十三年」と続けていた。 母は自分が植えた梅の花を見ることもなく逝ってしまった。母が生前漬けた別の畑の梅干しは、まだ少し残っていて、最近少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビットコイン

世の中には、奇妙なシステムを考えつく人がいるものだ。簿記と確定申告ですら四苦八苦している通信員には理解不能だ。 Bitcoin(ビットコイン)は、硬貨や紙幣を持たない完全なデジタル・マネーである。特定の発行者や保証者を持たない点が長所でもあり、短所でもある。特定の国とは関係がないため、政策や為替相場、インフレなどのその国の経済状況…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5濃度上昇中

最近、近くに見えていた銚子岳が、今日はかなり遠くに見える。昨日から、PM2.5の浮遊量が増えているのだ。 通信員の通っていた中学校では、昨日の24時間平均が48μg/m3、本日は50を超えるということだ。告示されている日本の基準値は、1日平均値35μg/m3以下とされているので、超えている。 近隣の学校では、インフルエンザが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舌の傷癒えず

下痢は治まった。本日は便通なし。 お腹の中のものがあらかた出たためか、下痢後は2kg体重が落ちた。二食抜いたのも関係しているのだろう。本日夜には、1.5kg増えていた。喜びもつかの間であった。明日には元に戻っているのだろう。 食事をすると舌の右側面が痛む。傷が癒えていないのだ。もう少し様子を見よう。 花梨(カリン)の梢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひどい下痢

寅の刻、午前4時頃、便意を催し厠へ。 吐き気を伴う、強烈な下痢。小半時(こはんとき:1時間弱)も座っていた。O157か? ノロウイルスか? 正露丸を飲んで寝た。 感染するといけないので、朝食と昼食の準備はせずに、昼まで寝ていた。父は何ともなかった。 原因が天麩羅の食べ過ぎならば一番良いのだが、忌明けのお斎の料理ならば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂抜き

墓を改修してもらうので、御縁さんに来てもらって『讃仏偈(さんぶつげ)』を読んでもらった。少し風があり、ろうそくの火が消えた。 石材屋には「お魂抜きをしてもらっておいてください」と言われたが、真宗にはどうもそんな名前の儀式はないようだ。 父はJA運営の直売所で花を買ってくる。花だけ買うのは恥ずかしいと言って、よく「さくらポーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手違い

叔母の嫁ぎ先のお姑さんの忌明け法要の日であった。手違いがあったようで、聞いていなかった。 夜、戌の刻を回ってから(21時頃)、わざわざ料理と引き物を届けに来てくれた。 1月ほど前に、「連絡ないなー」と父と話していたが、最近は全く頭になかった。 浅田真央は素晴らしい。 清朝本『菜根譚』修省九 士人は百折すれども回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生協

水曜と木曜、続けて生活共同組合の勧誘員がやってきた。水曜は父が居て対応していた。パンフレットとキャンペーンチラシを渡された。持ってきてもらえるのは大きな魅力だ。買物に出掛けるのは、やはりある程度時間が取られる。 翌日の木曜、この辺りの配達日なのだそうだ。昨日と同じ人かは分からないが、現在お試し期間中で、組合にならずとも商品代金のみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噛み合わせは大切

また舌を噛んでしまった。 通信員はアクロメガリー(先端巨大症)のため、下あごも成長している。下の歯だけ隙間が開いてくる。当然噛み合わせもずれてくる。 魚が食べにくい。骨を探知する能力が極端に低下するため、食べるのに恐ろしく時間がかかる。小骨が大量にある魚は、魚肉の一部もあきらめざるを得ない場合がある。 問題は、ほおの内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪雪

雨水(うすい)だが、まだまだ霜柱が立つ。それにしても、東日本の豪雪は孤立集落をいくつもつくり、近年ないものだった。 昔、一度だけ見た映画を思い出した。タイトルも忘れた。 時代設定は、江戸か明治だと思う。 ある田舎の百姓の娘が、峠を越えた村に嫁ぐことになった。支度を整えて親や親戚が徒歩で峠越えをしようとする。その時期には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリップ・マーロー

レイモンド・チャンドラー“The Long Goodbye ”の村上春樹訳『ロング・グッドバイ』を、毎日少しずつ読んできた。ようやく本文が終わった。20日ほど掛かったか。現在綿密な訳者評を読んでいる最中。 主人公のフィリップ・マーローは、一言も二言も多い毒舌家だ。職業的計算なのか不明だが、空気を読む人間でもない。そのため、無用な(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も「なおい布」届く

今年も尾張(おわり)国府宮(こうのみや)のなおい布と奉納鏡餅の切り餅が届いた。詳細は昨年の記述をご覧あれ。 鏡餅は50俵か60俵くらい使うそうだ。クレーンを使って移動させている映像がテレビで放送されていた。 怪我の功名とはこのことか。 昨日、父は報恩講(ほんこ)さんで、帰りが遅れた。通信員が風呂の準備をしたのだが、晴れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祖母の実家の報恩講

父の母、通信員の祖母は終戦の年の7月に身罷っている。父が中学生の時だ。写真も見た記憶がないので、通信員は祖母の顔も知らない。 同じ村にある祖母の実家で、午後3時から報恩講があった。父が出掛けた。 6時くらいには帰ってくるだろうと思っていたが、8時になってしまった。酒を飲みながらの話に熱が入ったらしい。ちなみに、御当主は一滴も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more